新潟へ ハクチョウの飛来

Pocket

妻の20余年越しの希望、新潟県瓢湖ひょうこへハクチョウを見に行きました。パピちゃんで初の遠征です。三重県から行きは中央道から長野道・上信越道、帰りは北陸自動車道から東海北陸自動車道・名古屋高速経由で予定していました。往復14時間ほどのドライブです。(結果的には雪で大きく計画変更となりました。)今回の新潟県への訪問には、2つの目的とやりたかったことの達成を考えていました。2つの目的は、『瓢湖のハクチョウを見る』と『三宝亭の五目うま煮とチャーハンを食す』です。やりたかったことは、『県庁所在地訪問』です。合わせて道の駅スタンプラリーもです。行く前から準備を怠りなくやりたいタイプなので、ある意味めんどくさいタイプの人になってます。気にせず我が道を行ってますが、私にとってはこの時間も含めて旅なんです。予定通りに行く行かないは、関係ないんです。我が家は臨機応変が得意なんです。

金曜日の夜に三重を出発しました。夜間のドライブは疲れやすいので早めに仮眠しようと、長野道姨捨おばすてSAにてストップを予定していましたが、そこまで辿り着けず。阿智PAにて仮眠。翌朝5:30に出発し、新潟県燕三条の道の駅を目指しました。しかし、天気が悪く、新潟県上越地方は雪。信州中野ICで高速を降ろされました。やむなく一般道で新潟を目指しました。ところがこれまた大雪です。かなり怖い思いをしながら、上越高田ICより再び高速へ。予定を大分過ぎましたが、燕三条の道の駅に11:20に到着しました。道の駅内の地場産センターで包丁をゲットし、いざ昼食。三宝亭を目指します。すぐ近くにレストランさんぽうが有りました。車で6分です。秘密のケンミンショーで特集していた五目うま煮とチャーハンをたのみました。

お腹もいっぱいになり、本命の瓢湖へ。ここでも天気が悪いことが災いしたのか、ハクチョウの飛来が思っていたほどの数もなく、空が暗いためハクチョウが降りてくる姿がイマイチわかりづらい。しかし、目の前に降りてくる姿は素晴らしい!カッコいい。観に来た甲斐があります。もう少し天気が良ければと悪天候を恨みました。

朝の雪のこともあり、予定を早めて他のやりたかったことは諦めて、早めに帰宅の途につきました。雪がいつ降るかわからないので、高速が通行できるうちに少しでも先へ進みたいとの考えです。帰りは北陸自動車道から東海北陸自動車道へ入って帰るつもりですが、雪の影響でままならず。東海北陸自動車道を迂回し、滋賀県草津市方面から帰ることとしました。今も高速は雪の影響で、上越を越えて、米山あたりまで非常に危険な状況でした。路面に雪が積もり始め、風が非常に強いため、速度70キロでも怖い思いをしました。なんとか道の駅『うみてらす名立』に到着し、ここで今日は休むことにして、明日帰路に着くこととしました。

28日日曜の朝は天気も回復しており、運転には大丈夫かなと感じました。8時半ごろに出発しました。上信越道と東海北陸自動車道はチェーン規制のままでしたが、北陸自動車道のチェーン規制は解除されていましたので、米原経由で三重に帰るルートを選択しました。時間は余分にかかりますが、安全優先で。風はあるものの前日よりは随分マシです。色々Facebook で情報提供いただき、助かりました。ありがとうございました。またの機会に新潟県を訪問したいと思います。次回は雪の心配がない時期に伺えればと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました