テストにならないテスト

Pocket

sokバッテリー(リン酸鉄リチウムイオンバッテリー)に交換してどうなのか非常に興味があるのでテスト開始。でもテストになりませんでした。エアコン暖房が想定通り稼働しませんでした。また、改めてテストします。今回のテストにならないテストの結果。興味のある方はどうぞ。

バッテリーのテストは負荷をかけてどれぐらいバッテリーが減っていくか経過観察しようというものでした。テスト当日は雨が小降りから上がった状態になり、空全体が曇っている状態でした。バッテリーの負荷テストには好都合かなと考えてテスト開始です。車内に一人で8:20から開始です。外気温は5℃、室温6.4℃、FFヒーター25℃設定、エアコン暖房(パワー半分にセーブ)で25℃設定としました。ほかに使っている電気は室内LED照明です。

時 間消費電流
A
バッテリー電圧
V
バッテリー残量
室内温度
8:2033.512.97996.4
8:3080.012.82977.7
8:450.013.239512.2
9:001.813.209514.0
9:159.013.209515.3
9:302.813.329516.6
9:452.313.329517.5
10:003.013.339618.3
10:1514.013.319618.9
10:3012.013.429719.3
10:4515.513.489819.2
11:0019.513.609819.3

エアコン暖房をパワーセーブで出力を半分にして自動運転させていたからでしょうか。想像以上に暖房を休止していました。(エアコン暖房をフルパワーで運転すると1200Wを超える消費電力になるため、車内ブレーカーが飛んでしまうので、やむなしです)それでも室温が19℃もあり、エアコンは休止状態がほとんどで、「たまに1,2分稼働しては止まる」の繰り返しでほとんど休止していました。10:15からはFFヒーターをオフにしましたが、それでもあったかい状態でした。10:35からは窓とエントランスドアを全開にしましたが、それでも19℃ある状態でした。赤字で表示した消費電流は天気が回復し、ソーラーが充電を始めたので、充電電流が消費電流を上回り、充電状態になりました。

テストのやり方に問題があったのでしょうか。エアコン暖房「自動運転」ではなく、「強」運転ですればよかったのかも。次回は注意します。

上記表のとおり良いデータが取れませんでした。リン酸鉄リチウムイオンバッテリーの電圧変化は負荷がかかってもそんなに変化しないのでしょうか。それともこの数字は大きく変化したとみるのでしょうか。よくわからない状態で、負荷にならないテストの終了でした。残念。

コメント

タイトルとURLをコピーしました