急転直下のバッテリー交換

Pocket

バッテリー交換決定しました。と言うかバッテリー交換しちゃいました。自分でも全く想定していなかったのですが、急転直下で交換です。

自分の中ではバッテリーに関する知識を増やしてきて、自分のキャンカー利用も考慮した結果、決定したのがリン酸鉄リチウムイオンバッテリーです。鉛バッテリーからリチウムイオンバッテリーに換装です。利用できる電気量はほぼ2倍です。

以前からサブバッテリーとしてのリチウムイオンバッテリーには興味があり、非常に優れていると思っていましたが、交換することに少し不安を抱いていました。それは、安全性と金額でした。しかし、最近ではリン酸鉄リチウムイオンバッテリーの信頼性がかなり上がってきていること、多くの商品が市場に出てきてユーザーの選択肢が増えてきたこと、金額も随分とこなれてきたことを考えてリン酸鉄リチウムイオンバッテリーの採用に決めました。

私の乗るキャンピングカーと同じキャンピングカーに乗られている仲間の方から教えていただいたバッテリーがあります。その方もこちらのバッテリーに載せ替えられています。載せ替えてからのことや載せ替えについて色々と情報提供していただきました。かなり優秀なバッテリーだと感じました。不具合も全くないし、「電気減らないよ」って言ってました。

このバッテリーを取り扱っているお店は「a-camper」さんです。こちらのお店は三重県志摩市に在ります。私と同じ三重県内。LINE登録して色々お店の方とやりとりしました。非常に親切丁寧で、ラインのやり取りだけで信頼度が上がります。こちらで取り扱っているバッテリーが「sokバッテリー」と言う商品です。まだまだヒーター機能の付いたリン酸鉄リチウムイオンバッテリーは少ないのですが、こちらのバッテリーはヒーター付き。しかも280AHの商品があり、この商品で決めるつもりで仮予約までしました。この商品は現時点(2024/1末現在)では予約販売でまだリリースされていませんので。

ここのお店はこちらでバッテリーを購入すれば無料で取り付けをして頂けるので、取り付けに問題ないか近いところなのでキャンカーを持ち込んで診てもらうことにしました。30分ほど調べていただいた結果、バッテリー交換するだけで問題ないとの回答でした。バッテリーのトレードだけで後の機器はそのまま使えると言うことです。一部機器の設定変更はありますが、それも問題ないとのことでした。金額的にはお安いメーカーではないですが、10年の長きに渡り使うことを考えると安全・安心はおろそかにできません。22万円は納得の価格でしたのでこれで決まりの予定でした。

ところがお店から逆提案の形で見積もりを頂きました。スペースがあるので、100AHのバッテリーを3台載せる提案です。しかもキャンペーン価格よりもさらにお値打ちな金額です。特別感に弱い私は、この価格に魅了されて100AH3台で取り付けていただくことにしました。当初考えていた金額より50,000円程安価になりました。私のキャンピングカーのビルダーでのバッテリー交換費用は鉛3台で105,000円、交換に行く交通費が往復30,000円で合わせて135,000円。少し高いだけで鉛からリン酸鉄リチウムイオンに。しかも使用できる期間を考えれば圧倒的に割安です。

以前より思っていたのですが、鉛バッテリーの利用できる年数は3年程度と聞きます。実際私のバッテリーもそうでした。かなり気を遣ってバッテリーへの負担をかけないようにしてもです。(電子レンジやエアコンを使わなければまだもう少し利用できるかもしれませんが)

その点リチウムイオンバッテリーは毎日フル充電しても10年ほど使える計算です。大電流にも強い。実際に使ったことはないので10年使えるかは疑問もありますが、それだけ信頼性があると言うことだと理解しています。

話はさらにとんとん拍子に。「今から取り付けできますよ」って。3台充電してテストしたバッテリーがあるので、1時間ほどで作業できますとのこと。支払いは後日でいいとのことで、交換していただくこととなりました。本当に急転直下でしょ!でもね、お店のスタッフさんがみんな気持ち良いんです。ぜひ行ってみてください。私の言ってることわかると思います。行く価値ありです。

一回り小さくなってスッキリ収まりました。転がしていたポータブル電源のACアダプターも綺麗に取り付けていただきました。電源ケーブルの端子径のサイズも大きくする必要があったので、その辺りも加工していただきました。ありがたいです。

今回のバッテリー交換で良かったことがもう一つあります。それは、キャンピングカーの大幅なダイエットに成功しました。もともと積載されていた鉛バッテリーは34.3kg/1台。載せ替えたリチウムイオンバッテリーは13.9kg/1台。その差20.4kg/1台。3台でなんと61.2kg。かなりのダイエットになりました。

バッテリー交換される方、安全・安心を優先に考えられる方、アフターケアを大切にされる方、ぜひご検討いただければと思います。詳しい話が知りたい方はご連絡ください。お答えします。

コメント

  1. ふく より:

    はじめまして、いつも楽しみにしています。
    わたしも同じ頃にパピー480を購入しました。
    バッテリーの交換を考えていますが、
    パピーの場合走行中は、直接オルタネーターから、
    車内の電気をまかない、バッテリーへの充電が20A程度で、
    そこをうまく変更しないと充分充電できないと思うのですが、
    配線も変更されたのでしょうか。
    また、経過を教えてほしいです。

    • puppy480 より:

      コメントありがとうございます。バッテリーの充電についてはおっしゃる通りですが、充電容量の変更はしていません。走行充電器は変えていないということです。
      私も充電量が不足するかもしれないことは承知していますが、そこを変更することのリスクのほうが高いと考えて変更はしませんでした。
      今回のバッテリー交換のポイントは、鉛からリチウムにトレードインできることと考えていましたので。
      ・走行充電器はビルダーオリジナル仕様に変更されているので走行充電器を交換することを避けたかったこと
      ・ケーブルの太さまで変更することは費用面でもお得ではなし、大掛かりになると考えたこと
      ・充電が足らないときはソーラー充電で補ったり、車中泊時の運用で外部充電できるところを活用すること
      ・ポータブル電源(160AH相当)を積んでいるのでこれをうまく使うこと

      以上のように考えました。参考になるかどうかわかりませんが、ご参考までに。

  2. ふく より:

    ご返答ありがとうございます。
    いまはまだ、仕事をしているので、無理ですが、
    リタイア時には、オフ会に参加させてください。

    • puppy480 より:

      コメントありがとうございます。
      同じ時期に購入されたのであれば、そろそろバッテリーの限界になってきませんか。
      うちはかなり使い方を気にしてきましたがダメでした。エアコンと電子レンジを使わなければ、今のままでも使えるかなとは思います。

      是非一緒に楽しめる日が来ることをお待ちしております。
      その時はオーナーズPuppyに入会くださいませ。

      最近バッテリー交換してテストしたんですが、うまくいきませんでした。またその様子もアップしますので、良ければブログ訪問してください。

タイトルとURLをコピーしました