2024は冬のふもとっぱらから その3

Pocket

2日目の朝は少し寝坊してしまいました。

富士から登る朝日を愛でようと考えていましたが、すでに7:35を過ぎていました。日の出は6:54。残念。翌朝リベンジを誓って写真撮影。

この日は早めに焚火を始めました。特に理由はなかったのですが、ただ焚火がしたかっただけです。これが功を奏しました。この後風が急に強くなり、焚火どころではなくなったからです。うちが終了して熾火になってから少し後で強風です。隣の方はせっかくの焚火を消していました。懸命な処置だと思います。

我が家のなんでもない焚火の動画を暫し。

メスティン使ってご飯を炊いておきましたので、夕食は車内でハム玉子焼きとサラダでいただきました。高齢者の冬キャンにはキャンピングカーが最適です。このような天気の変化にも臨機応変に対応できます。焚火で夕食するところは、晩御飯どうするんだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました